店舗ごとの違いに慣れるのがちょっと大変です


どんなお仕事でも精神的に大変だなとかキツイなと感じることはあると思いますけど、キャバクラ派遣にそういうことが一切ないとは言えません。
感じ方は人によって違うものの、ちょっと大変かなと感じることはいくつか出てくるでしょう。

店舗ごとの違いに慣れる、これが最初はちょっと大変。

毎日違うお店で働くことを想像してみてください。
全てのスタッフやキャストの女の子が初対面で、もちろんそこで出会うお客様も初対面。
どう接すればいいのかわかりませんよね。

人見知りが激しい人は、ここがちょっと精神的に大変だと思うところとなるでしょう
店舗ごとの違いは、ルールや慣習などにも及びます。
他のお店では問題なかった行為を注意されてしまったりなどもあるかも
それに対応するのも大変だと感じるところになるかもしれません。

ただ、毎回働く場所が違うと言っても、同じエリアに何百件もキャバクラ店があるわけではありませんから、この大変さは最初のうちだと思っておいて問題ないでしょう

何度も顔を出すお店が出てくれば店舗ごとの違いにも慣れてきますし、お客様は置いておいてもスタッフやキャストとは初対面ではなくなってきます。
少しずつこの大変さは薄れてきますよ。

頑張っても評価されないところもキツイかも?


お店に派遣されたら、そこで一生懸命頑張る、これは当たり前のこと。
キャバクラ派遣といってもそれはお仕事ですし、手を抜けばお店の評判はもちろん自分の評判にも悪影響が出てきてしまいます。

でも、どんなに頑張っても評価されないところに、少しずつ違和感や不満を感じてしまう人も出てくるかもしれません

他のキャストの女の子に嫌味を言われても頑張る、お客様に文句を言われても頑張る、毎日出勤して頑張る、でも時給は上がらないし指名もないからお給料が爆発的に上がることはない、それが派遣のキャバクラ嬢のちょっとツライところ。

頑張っても評価されないと、モチベーションが落ちてしまいますよね。
それをいかに保つことができるか、ここがポイントになりそうです。

あと、30歳過ぎると派遣先が減るのも、ちょっとしたデメリットかもしれません
やっぱり男性のお客様って若い女の子が好きなんですよ。
見た目が若ければOKだけど、明らかに20代じゃないなと思われるようになるとなかなか派遣先が見つからないなんてことにもなってくるでしょう

お店に在籍している女の子ならファンがついていたりもするので、ある程度の年齢まで働くことができますが、派遣はそうもいかないのがちょっとツライ。
長く派遣のキャバクラ嬢として働くつもりなら、自分の容姿やスタイルも保つ努力が必要になってくることを頭に入れておいてください