お客様の前でしてはいけないこと


キャバクラ派遣で働くと、アルバイトとはちょっと違った制約があったり、自重しなければならないことがちょこちょこと出てきます。
まずお客様の前にいる時にしてはいけないことから説明しましょう。

周囲に「派遣で来ている」とばらすことは、基本的にしてはいけません
そのお店のスタッフなどはもちろん知っています。
お店側が派遣会社を利用して女の子を調達しているわけですからね。

でも、お客様は知りません。
「新しい子かな?」とか、なんとなく思っている程度でしょう。
周囲に「派遣で来てる」とばらすと、お客様がそういう制度があることを知ってしまうし、派遣の女の子に興味を持ってしまったら、そのお店に訪れる回数も減ってしまうかもしれません

お客様との連絡先交換も基本的には禁止です。
これも理由は同じようなこと。
お客様との連絡先交換を許可してしまうと、お客様はお店ではなくその女の子を追いかけてしまうので、お店は困ってしまいます。

派遣の女の子は、あくまでも派遣されるお店のヘルプに入る形ですから、お客様を獲得しようとしたりする行為はしてはいけないことを覚えておきましょう

裏でもしてはいけないことがあるんです


お客様の前以外でもしてはいけないことがあるのでピックアップしてみましょう。

待機中の携帯電話の使用は控えるようにしてください。
これは、そのお店のスタッフにどう見られるかという問題。
暇だからといって携帯電話やスマートフォンをいじっていたら、きっと目をつけられてしまいます

目をつけられたら、そのお店のスタッフが派遣会社に「あの子の態度がダメ」と告げ口をされてしまう可能性が出てくるんです。
そうなると、肩身の狭い派遣のキャバクラ嬢にとっては損しかありません。

派遣同士で仲良くなるのも、できれば控えたいですね。
派遣同士で仲良くなると、そこで情報交換が生まれます。
別々の派遣会社に登録していたりすると、それぞれの派遣会社のメリットやデメリットの情報などが流れ、派遣会社が損をしてしまう可能性が生まれるんです

また、「あのお店はこんなだったよ」なんていう話になれば、これはお店の評判にも関わる話になってくるでしょう。

正確に言えば、仲良くなるのは構わないけど、個人で知っているような情報はむやみやたらと流さないようにしましょうね、ということですね

そんなに厳しい禁止事項でもルールでもないので、ほとんどの女の子が守れるはず。
普通に働いていれば何の問題もありません。